てへぺろ系男子sとたまの日々

ゆる系男子達(犬)とたまのなんてことないライフログ

ぱ、ぱんだ!!

 

 寒さに負けて引きこもり気味のたまです。(てへぺろ系男子sの散歩は行ってます。もう修行のつもりで。シントウメッキャクスレバヒモマタスズシ。これは暑いときの祝詞か)。引きこもり中に楽しかったのは、アニメ「昭和元禄落語心中」を制覇したことでしょうか。リアルタイムでやっていた時から気になっていたのですが、気づいたのが遅すぎて話は終盤。もう何が何だか分からず入り込むことができませんでした。今回はアマゾンプライムで最初から一気観! たいへんおもしろく時間が過ぎるのはあっという間でした。美しく業が深い、重力のように抗うことのできないものに、逆らおうとする力強さ。流される笹舟のような儚さ。落語に興味がなくても、おすすめです。

 さて、てへぺろ系男子sは本日も変わらず元気です。これは先週の週末のお話。

 ちょっと車で買い物に出かけたついでに、いつもとは違う場所でお散歩をさせてあげたく、川沿いの道をドライブ。堤防から河川敷に降りるスロープの先に駐車場を発見したので行ってみることに。

 そこは増水時には川底になることを前提とした広場。歩道が1本と草が刈り込まれた地面、川面との境目には鬱蒼とした葦枯れ。遠くに見える野球少年たち。ぽかりとひらけた青い空。お散歩するのには絶好の場所じゃありませんか。最近すれ違う犬に吠えかかる永太ですが、周りに人や犬の気配もない。よし、いっちょ、いっしょに走ってあげようじゃありませんか。ということで、奏太朗(散歩とはまったり匂いをかぐもの派)を夫さんにおまかせし、広場をダッシュ。

 ところが永太、少し走っただけでピタッと停止。そして激吠え。ワンワンワンワン。尻尾はブンブン。これ、犬を見つけた時のやつ。嬉しそうだが大変うるさい。そして目標へ向かってダッシュしようとする。永太、そんなに吠えていてはおともだちもびっくりして逃げちゃうから、おちついて。 臨戦態勢の永太をおさえつつ周りを見渡すが、犬もいなけりゃ人もいない。しかもここは河川敷。堤防の向こう側も公園で民家もなし。少々吠えたところで迷惑がかかる相手はいなさそう。では、永太は何に吠えているの?この平和なだだっぴろい草原で?

 迷惑をかけそうな人もいないことですし、永太の行きたい方向へ行かせてみましょう。さあ、いっしょに走ろう。

  ん?

f:id:tamanohibig:20180204121407j:plain

 

   えっ、それ?

 あのー、永太さん。それ、生きてないです。

 どんなに吠えても逃げないけれど、遊んでもくれないです。尻尾ブンブンしても無理です。っていうか、ちょっと警戒してますね、これ以上近寄れないんですね?

 パンダさんのほうがびっくりしてますよ。「オ、オレ?!」

 ひとしきり吠え、パンダさんが生きていないことを説明し、じわじわと距離を縮めて、最終的に匂いを嗅ぎ、ともだちではないことを確認いたしました。

 他の犬と遭遇するたび、嬉しそうに吠える永太です。吠えるのはいけないことだとその度に言って聞かせるのですが、興奮してしまうと耳に何も入らなくなるので手を焼いています。無駄吠え防止に犬用マズルを買おうかとアマゾンさんをうろうろ。吠えて相手に噛み付いたらと不安でしかたがない。でも今回の、このパンダさんの件に関してだけ言えば、大変かわいらしい一面を見せてもらえて、飼い主たちはなんだ非常にほっこりいたしました。そんな冬の思い出。

 

 

ゴールデンタイム!!

 久しぶりの美容院で、すっきりさっぱりショートカットにしてもらったたまです。頭が軽い! とても快適です。

 

 外はまだ雪も積もっていて風も強いのですが、空は青く日差しを遮る雲もなし。こんな日の午前中は、ここで過ごすにかぎります。

 ここ数年、冬が来る前にリビングの模様替えをして、南に面する窓の前にカーペットを敷き、机とパソコンも準備してワークスペースも作っています。すると、9時から12時くらいまでの間は、軽く汗ばむくらいの日向ぼっこスペースができます。ここに、犬のみなさまと集ってのんびりと過ごす。これこそわたしたち3人の冬の至福のひとときです。

 あら、スマホの影が永太の体の上に。相変わらず撮影能力の低さを感じさせますね。すみません。奏太郎も心なしか嫌そうな顔をしてますね。ひなたぼっこの邪魔をしてすみませんでした。

 この日差し、残念ながら9時から12時くらいまでしかたのしむことができません。この貴重な時間を我が家では「ゴールデンタイム」とよんで、皆であいしております。特に奏太朗は、8時半くらいからでき始めるフローリング上の小さな日向にちょこんと座り、ゴールデンタイムが始まるのを待っています。十分な日向ができれば、絨毯に伸びたり、芝犬座布団に眠ったり。12時を過ぎると急速に日向は小さくなり、最後はパソコンデスクの足元に三角形に残るのみ。もちろんその最後の日向を満喫するのも奏太朗の日課です。

 この太陽からの素敵なプレゼントは角度の関係で冬の午前中限定のおたのしみ。(夏はほぼ直射日光は入りません。まあ、暑くなくて助かるのですが)。春が来れば時間も面積も少なくなってしまいます。これは日向ぼっこ大好きの奏太郎には残念なお知らせ(私にとっても)。他の部屋や一戸建てなら、もっと日向が確保できたかもしれない。そう思うと申し訳なく思うけれど、このマンションだって安くはない訳で、景色もなかなかよくて、私は割と気に入っている。

 まあ、これも運命だと思って今のところは我慢してください。そしてもしご不満だというならば、あなたが稼いでバベルの塔でも建ててください。あの頂上なら、さぞや眩しい日差しが浴びられることでしょう。運命とは待つばかりのものじゃない。掴み取るものなのです。do you know?

 ええ、知ってます。犬のみなさまは稼いではくれませんよね。飼い主、がんばります。いまはこのくらいでご容赦くださいm(_ _)m

 

永太とRUN!

 年末にはじめたキッチンの模様替え(含む永太家探し対策)を、遅々とすすめているたまです。賞味期限切れかけの板海苔が発見されたので、海苔の佃煮にしてみました。白いご飯に乗っけてたべるとウマイ!。以前は瓶詰めの佃煮海苔を買っていたのですが、一人ではなかなか食べきるのがムツカシイ。ということで最近はもっぱら手作りです。小さめにちぎって甘辛く煮詰めるだけなので簡単だし、気が向けばしいたけの煮たのを混ぜたり、気分でラー油を混ぜたりとやり放題できるのでオススメです。

 

 ところで我が家の犬のみなさまは走るのが好きです。奏太朗はお願いすると1km以上走ってくれます。散歩の途中で雨が降り出したときなど、ダッシュで帰宅できるので大変便利。永太はもっと体力があるので長く走れそう。

 ということで、走ってみました。永太と。

 そもそも永太がやってくるまで、私はジョギングをしていたのです(ときどきですが)。ですが、この破壊王を野放しにして、不必要に家を離れるのは何かと忍びなく(サボる言い訳としても使える!)、また走るのに適した季節でもなく(当時、真夏だた、今真冬)、なんとなく足が遠のいていたのです。まずは早めの散歩を済ませ、奏太朗さんにはお留守番を依頼。それなりのウェアに着替えて再出発。

 たすき掛け式散歩リード(100均で購入して自作)をしっかり体に装着すればほどよい距離で走ることができます。堤防の上はお散歩や通勤通学の自転車も多い我が家の近くの川ですが、階段を降りるとほとんどだれも通らない&長い直線(信号などもなし)の格好のランニングコース。ここなら安全に永太と走れそうです。

 

f:id:tamanohibig:20180115130601j:plain

 写真は別日のものですが、走るの好きなのが伝わってくる!

 長い距離を飽きずに走ることができるのか、疲れはしないか、そもそも走ってくれるのか様々な疑問はありましたが、彼はやってくれました。2度ほどトイレ休憩(犬の)を挟み4km弱の道のりを走破! 走り終わった後もいろいろ心配しましたが、本人はいたって平気。ていうか、久々のRUNで人間の方がよっぽどヘロヘロです。

 奏太朗との散歩では思うように運動できない永太ですが、このような機会を持ってあげればより楽しいワンコLifeが送れるのではないかと思う今日この頃。正月太り解消をかねて、飼い主も頑張るしかないのですかね。ひー。

寒サニモマケズ

 毎日寒い日が続いていますね。冬が苦手な夏生まれのたまです。

 奏太朗も寒いのはの苦手のようです。こたつのスイッチを入れれば我先に中に入っていきますし、ひなたぼっこが大好き。寒ければ当然のように飼い主を床暖房かデロンギのごとく扱って寄り添ってきます。まあ、元は南国原産の犬なのですし、あの細っこい手足じゃ寒さもこたえるのでしょう。冬場は暖かめのお洋服も必須。脱がそうとすると、服の襟元を噛んで抵抗します。その抵抗も虚しく脱がされると、今度は着せられるのが嫌で脱走。わかるよ、最初、ひやっとするもんね。でも着ないといつまでもあったかくならないよーということで装着。頭を突っ込みやすいように首元を拡げてあげると自ら頭を入れるおりこうさん。

 さて反対に永太は寒さにも強そう。もちろん暖かいのは大好きなのですが、奏太朗ほどの必死さはない。カイヌシスキーなのでべったりくっついていたいけれど、走り回ったり遊んだりもしたい。

 そんなおふたりさんをつれて、今日も今日とて散歩です。寒さが苦手の奏太朗も、この時ばかりは元気一杯。お尻のもふもふ毛をなびかせながら颯爽と歩きます。(あまり寒い日は上着を追加すると長時間楽しめるようです。)永太は、寒いとかあまり関係ないのでしょうね。大興奮です。最近、趣味があってハマっているようなので。

 テンションMAXでブレブレ写真。

 さて永太さんの趣味。それはチキンの骨Get。あいかわらず困ったことに夢中の永太さんです。そもそもこの趣味が始まったのはクリスマス近い頃。散歩中、植え込みの中に顔を突っ込んでいるなあ、と思って引き出したら満面の笑顔ででっかい骨(チキンレッグの、あの手で持って食べるタイプのアレ)を咥えた永太さん。慌てて取り上げて植え込みに投げ込んじゃいましたよ。それ以来、遠出した先だろうがいつもの散歩道だろうが、骨を見つけられる天才と化してしまわれました。

 しかし、なんでそんなに落ちているんでしょうね、骨。コンビニで売ってるやつとか、骨なしなんじゃないの?でもうちの近所、でっかいスーパーあるし、学校密集地だから学生さんも多いもんね(学生さんだけが捨ててるとは思っていないです。昼間も人が多いってことだけ)。とにもかくにも、拾い食いダメ、絶対! でも二日連続で見つけられる(当然違う場所、違う骨)とがっくりきます。ポイ捨てもダメ、人間!!

 今日も今日とて、お散歩日和。犬のみなさまがたにおかれましては、雨ニモマケズ風ニモマケズ、丈夫な体を作ってください。そしてご飯をよく食べ、良い行い(きちんと犬トイレを使うとか)をし、報酬をせしめ、拾い食いをせず、ときに飼い主が寒がっていれば行って温めてやってください。そんなあなたたちを、私は褒めます。褒め倒します。スバラシイ!!

 ああ、今日もみなさま平和で良き日になりますように。

 

犬のような正月

あけましておめでとうござます。

 今年は正月早々(というより昨年末から)風邪をひいてしまい、大掃除もせずただ食っちゃ寝、散歩しちゃ寝、もいっちょ食っちゃ寝とひたすらだらだら過ごしました。

 この感じ、何かに似ているなと思ったら、ひょっとして我が家の犬のみなさまとおんなじ生活じゃね?! 

 なかなかいい生活ですな。これでたっぷり愛でてもらえれば相当幸せです。

 ということで?写真くらいは活動的に。年賀状に使おうと思っていたけどボツになったやつで締めといたしましょう。正月が終わったら、今年もこれくらいの勢いで、ポジティブに楽しく毎日をぐいぐい邁進していきたいものです。

本年もよろしくお願いいたします

 

眠れない夜に

 冬休みがはじまり、すっかり朝寝をきめこんでいたら、睡眠時間取りすぎで反対に眠れなくなってしまった、たまです。これが加齢ってやつですね。いつでもどこでものび太並みに眠れることが唯一のじまんだった、あの日は遠いなぁ。

 ということで?簡単更新。きっと今年はこれが最後でしょう。日付が変わる頃から眠れずパソコンをぽちぽちしていたら、犬のみなさんも起きてきて現在は膝の上で寝ておられます。良い子たちじゃのう。かあちゃん、おひざもこころもあったかじゃよ。でも君たち、そんなんで睡眠足りるのかい?もし足りないなら一緒にお昼寝してあげようね〜って、んなことするから夜寝られないんじゃ!!

 

 お昼寝をせず、よく運動して、きちんと夜眠る正しい大人に戻らなければ。って、まだ年末なのにこんなんで大丈夫だろうか私。今年は寝正月のあとの社会復帰もたいへんそうだ(-_-)zzz

 

みなさまも良いお年をお過ごしください。

二度寝の神様

 先日、高速道路のサービスエリアで「サンタさんにお願いを書こう」的なイベント?が行われており何とはなしに眺めておりました、たまです。サンタさんのイラストが描かれたボードにお願いの書き込まれた付箋がぺたぺた貼ってあります。きっと子どもたちが「ゲームほしい」とか書いて、おとうさんおかあさんサンタがそれを「そうなのか。ふむふむ」と見守る。あとは24日の夜のお楽しみ的なイベントかと。ところが実際には、、、大人の煩悩で満ちあふれたお願いばかりでした_| ̄|○。サンタが除夜の鐘を撞きながら、一枚づつ剥がしていく図しか想像できないよ、こんなの。そもそも半分ぐらいは欲しいものじゃなく願い事が書いてるし。七夕じゃん、、、

 このように日本の大多数の人は宗教におおらかです。もちろんわたしも。日本には八百万の神様がおられるそうですから、いたしかたありません。もう何の神様だかわからなくても(たとえ神様じゃなかったとしても)手を合わせるし頭を垂れる。お賽銭も投げるし願を懸ける。おもいっきり、他力本願でも。

 そんなわたくしに、ここ1年余り守護神がついております。この方です。

 この奏太朗、私にとっては「二度寝の神様」です。ご説明をば。

 まず、朝4時半くらいに夫さんが起きる。この時期はまだ真っ暗。寒い。でも犬のみなさま(奏太朗と永太)も喜んで起床。ごはん欲しくて無理やり私を起こす。そこで私以外の朝ごはんタイム。その間に私は犬トイレの掃除。食べ終わったら奏太朗はすぐまたトイレ使用。ご飯直後だというのにご褒美のおやつ(一蓮托生でおふたりとも)。再びトイレの掃除。奏太朗は二度寝タイムへ。永太はこのあとトイレを使ったり使わなかったり。使えば掃除&ご褒美。

 で、夫さんには大変申し訳ないのですが、たいていの場合ここから私も二度寝タイムの準備に。ちゃんと寝ないと風邪ひきますから。夫さんが身支度を整えるあいだ、私は布団の中で天気やらニュースやらの会話をしたりしなかったり。

 はい、この時間。この時間の私が寝ているベッドや私自身に触れると、神様(奏太朗)が怒ります。まずは威嚇。そして時には素早い攻撃。怒りがMAXに達すると躊躇なく噛み付きます(最近はナイ。それは神様が優しくなられたのか、夫さんがものすごく注意深くしているからか)。いってらっしゃいのハイタッチとかできません。神様は臨戦態勢で見張っていらっしゃいます。神様は、私の二度寝を邪魔するものはなんぴとたりとも許さないのです(犬だから、永太は許すらしい。なんじゃそりゃ)。私は神様に守られながら、再び眠りに落ちていく?のです。

 ねえ、神様?たいへんありがたいのですが、自分の二度寝くらいは自分で守りますから、そろそろ攻撃はやめません?っていうか、まず朝早くに私を起こすのやめません?トイレもご飯も、もう少し明るくなるまで待ちませんか?トイレだって、ご褒美欲しさに無理やり使ってるの、知ってますよ。わたくし、二度寝するよりゆっくり眠りたいのですが、、、

 ねえ、神様!!