てへぺろ系男子sとたまの日々

ゆる系男子達(犬)とたまのなんてことないライフログ

カイヌシスキーと4カ月半の冒険

 そろそろ冬本番。いただきものの柚子を柚子茶にすべく蜂蜜を買ってきた、たまです。おまけに自家製レモンもいただいてしまった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 さて本題。

 永太が我が家にやってきて、約4カ月半となりました。はやいものです。いやもっと長くいたような、濃密な時間でした。

 一緒に暮らし始めて、永太には、我が家のルールというものを覚えてもらいました。トイレの場所、奏太朗という兄ちゃんのこと、ごはんのこと、散歩のこと。まだまだ慣れてほしいこと、学んでほしいことはありますが、今日までのところあなたはとてもがんばってくれました。ありがとう。これからもよろしく。

 永太のことを、私たちもたくさん学びました。汚れることも気にしない大らかな性格(いや、もう少し気にしてほしいけど)。食べ物に目がないこと(盗み食いされないための防犯対策に日々試行錯誤)。とんでもないさみしがりやなこと(どうしたら安心してもらえるのか模索中)。好奇心が強いこと(家捜し対策強化中)。

 私たちの4か月半は、さながら未知の大冒険のようでした。次に何が起こるか分からないドキドキの連続。失敗をしてしまった時の絶望感。ひとつ理解し合えたときの達成感。ただなんとなくよりそいあうときのしあわせな充足感。大切な、失うことのできない仲間。

 まだまだこの大冒険は続いていくわけですが、ここでひとつ、永太には仲間であるあかしとして、「あだ名」をさしあげたいと思います。古今東西、親しき仲間にはそこでだけ通用するあだ名があった。「ジーパン刑事(古っ)」とかね。 それを聞いただけで「ああ、そういうひとなのね」となんとなくわかるような愛称を。それは『カイヌシスキー』

 えっ、嫌?だってあんた、どんなにおやつくれる人よりも飼い主命じゃん。本名より長い?ロシア人じゃねー?

 その不満そうな顔は、、、、チューバッカ!!

 あんた、キス魔だし、チューバッカでいいやもう。

スターウォーズ、真剣に一度も見たことないんだった。こんど見てみようかな)

 

謎ルールと飼い主探偵の攻防

 コストコで奮発して買ったムートンブーツが、想像してたよりずっと暖かくてうれしいたまです。寒い冬のお散歩には欠かせないマストアイテムとなることでしょう。

 

 さて、調子に乗ってまたしても前回の続き↓

tamanohibig.hatenablog.com

 

 永太が食べ放題ぱーりーぴーぽーになっていた間、奏太朗は何をしていたのか。監視カメラがあるわけじゃないのであくまで予想なのですが、たぶんずっと見て見ぬ振りをしていたんだと思います。あーあ、あいつ怒られるぞ、オレ知らね、くらいの感じで。

 まず、帰宅してすぐチェックしたふたりのウエストライン。永太は上から見てもぷっくりしているほどの樽みたいなお腹をしていましたが、奏太朗は触診も変わらぬ美シルエットのまま。晩御飯を普通にあげても、きちんと完食(奏太朗はお腹いっぱいならご飯を残すタイプの犬なので)。まったく食べていないかといったら少しはご相伴にあずかったかもしれませんが、まあ食べていないでしょう。これは飼い主のカンですが。

 なにより、ちらかったごはんの袋を片付けるわたしの後ろをついて歩き、その袋から溢れたごはんのかけらにすごいスピードで食いついたとき、「ああ、こいつ食べてないな」と感じました。きっと彼の中で「もらったものは食べてもいいけど、食べ物を獲ってはいけない」というルールがあるのでしょう。そして「飼い主がこぼした」=「飼い主がくれた」に変換して、やっと食べたかったものが食べられたのかと。

 正解は神のみぞ知る。いや奏太朗も知ってるか。ねえ、この推理、当たってる?

 

非常食

 macの日本語変換に戸惑い続け、ようやく「ライブ変換」を発見し、無事OFFにすることができたたまです。(なんのこっちゃ。でもすごくうれしくて。)

 

 さて、話は前回の続き→

tamanohibig.hatenablog.com

 

 趣味の家捜しに邁進する永太さんは、とうとう出会ってしまったのです。魅惑の箱。禁断の果実。それは「犬のごはん箱」。

 この箱は、出し入れしやすいよう、ごはんを食べる場所のほど近くにずっとありました。蓋がきっちり被っているし、両縁にはハンドルもついていてばちんとロックできるタイプのものでなので、いままで誰も手出しはしませんでした。わたしは、犬には開けられない箱だと信じていたし、奏太朗も永太もなんの興味も見せていませんでした。

 けれどある日、わたしの留守中に、永太がこの禁断の箱に手をかけたのです。

 玄関マットの上にぽつんと残されたごはんのビニル残骸(我が家ではそれぞれの1食分ずつをビニル袋で区切って、1日分ずつまとめて保管しています)。呆然とするわたし。飼い主の帰宅にはしゃぐお腹パツパツの永太。その永太のまわりを説教でもするかのようにぎゃうぎゃういいながら走る奏太朗。

 その後は、お片づけ&永太説教ですよ。もちろん。

 幸い、ビニルの破片を飲み込んではいない模様(残骸チェックの上推論)。ただし彼は、二匹の2.5日分を(たぶんひとりで)完食しておりました。食べ放題。ブッフェパーティー大開催。いやっほーい。もちろん当日は晩御飯抜き(あきらかに食べ過ぎ)の刑に処せられました。

 そして驚くべきことが判明しました。なんと永太さんはごはんを貯金(貯食?)していたのです。1日分をわたしの枕の下に。もう1日分はソファのクッションの下に。

 すごい。すごいよ永太。わたしは子供の頃から犬とけっこう親しんできたけれど、そんな犬っぽいことした子はひとりもいなかったよ。食べきれなかった骨を穴掘って隠しておくみたいな、本能残してるなんて、偉いな〜。

 

 と、感心してばかりもいられません。禁断のごはん箱は置き場所を変更し、再発防止に努めています。しかし、先日キッチンに置かれれいたみかん(袋に入っていたので、袋をひっぱって落としたのでしょう、たぶん)を盗まれ、器用に皮を剝いて食べられてしまったことを、ここにご報告しておきます。そうそう、もちろん貯食されていましたよ。半分食べたみかんが、ソファのひざ掛けの中に。気付かずにちょっと踏んでしまいましたよ(泣)。でもいいんです、それは。洗濯すれば落ちるし。ただ怖いのは、その貯食が万が一、まだ発見されていないなんてことがあったらもう。特にそれが「なまもの」だったとしたら。とても恐ろしい!!

無邪気な悪魔

 ここ数週間は何かと忙しくて。

 買ったばかりの洗濯機が給水終了状態から突然ストライキを起こし、電源すら入れさせてくれず、洗濯物は無残濡れたまま救出を待つこと4日間、とか。本当に夏じゃなくてよかった(カビたりしなかったし、新たに溜まった洗濯物も、手洗いしたりなんだかんだでしのげたし)。サービスの方に来ていただき、基板交換。無事再始動いたしました。洗濯機のありがたみを噛み締める日々でした。

 その他諸々。外出もしつつ仕事も細々とこなしつつ。あれ、何が忙しいのかな?と考えた結果、この方のおかげだと気付きました。

 無邪気な悪魔、好奇心に素直な男こと永太さんのおかげです。ありがとうございます。

 そうです彼は、飼い主が見えなくなると家捜し(引っ越す家を探してくれるわけじゃありません)をおっぱじめるのがライフワークなのです。もうおちおち風呂にも入って入られません。最初に被害にあったのはペンなどの文房具類。一番ダメージがでかかったのはペンタブ用のペン。ブラシやカメラキャップ、トイレットペーパー、綿棒などの衛生用品、キャンドル受けなど、手当たり次第、なんでもガジがじテイクアウト。ついでにゴミ箱もひっくり返して遊んじゃうよ!紙ゴミ大好き。ビニールたーのしー。

 飼い主だって、対策はするわけですよ。犬の届かない高い場所に置いたり。ところが彼は賢い。届かないはずのところまで上がってくるんです。ゴミ箱や、空気清浄機を踏み台にして。イスに飛び上がったら、デスクの上はワンダーランド。行動範囲が猫並みに広い(高い?)。

 もう、ここまで来たら知恵比べです。こっちだって負けじと対策を打ちます。ゴミ箱を台所用の上から押すタイプの大きいものに変えたり、空気清浄機にネコヨラズ(100円で買える突起のついたマット)を敷いたり。イスは使わない時はデスクに上げておきます。もちろん、過去にいたずらされた場所は再使用禁止。収納容器も順次買い換え。

 年末の大掃除を前にして、我が家の収納計画は大幅な見直しを迫られています。ううっ。負けないぞ。

 

寒さによる犬と人の関係

 季節外れの台風一過。強い風のせいか、体感温度もぐっと下がってきました。朝晩の散歩に上着は必須アイテム。寒いのが苦手な私にとって、大変厳しい季節が迫ってきています。そういえばここのところ、奏太永太による『飼い主の膝』争奪戦が激しくなってきていて、「もう、二人でとりあいっこしないで仲良く乗りなさい」なんて機嫌よく撫でてやったりしていたのだけれど、あれは暖を取りたかっただけなのかもしれない、と今更気付く。鈍いぞ自分。自惚れるな自分。涙を拭いて、強く生きていこう。

 まあ、いいんですよ。彼らにとって飼い主は、心地よい温度で温めてくれる床暖房くらいの認識でも。私だって寒い冬は、彼らのことを「生きてる湯たんぽ」サイコーって思うことがあるんだし。ギブandテイク。あるいはwinwinの関係ってやつです。

そろそろ、冬服作ってあげなきゃだよね。ああ、めんどくさいなあ。いや、その前に、人間の衣替えが必要だ。まだ引き出しには半袖が詰まっている。そこから片付けていかねば。でも膝の上には永太がいてぬくぬく暖かい。これ、下ろしたら寒いよなあ。足元で毛布にくるまって寝ている奏太郎も起きちゃうよなあ。動きたくないなあ。いっそ、みんなで冬眠しちゃえたらいいのに。なんてグダグダ。

 また明日、がんばります。だから今日みたいな冷える夜は、この温もりを大切に。

 

秋を感じる瞬間

 夏のように暑かったり、雨がちだったり、急に寒かったり。「今年の秋はなんかおかしい」「きっと地球温暖化のせいだ」、なんてしたり顔に言ってみても、きっと去年も文句言っていただろうし、ずっとずっと前からそう言っていた気がする。理想的な秋なんて、子どもの頃、はさがけされた稲穂に隠れて遊んだあの日々の、大きな夕焼けくらいしか思い浮かばない。(すごい前、そして結構田舎)。

 それでも今年も秋はやってきた。散歩の道すがら、金木犀の香りがふわりと舞い降りる時。川の堤防に揺れる銀色のススキ。足元に転がるどんぐり。こういう風景にちゃんと気づけたのは、犬たちのおかげかもしれない。彼らは結構(私の生活にとって)役に立っている。感謝の秋である。

 と、散歩を楽しんでいたら、とんでもない秋を発見してくれた愛犬がいましたよ。彼の名はもちろん「永太」。事件は会議室で起きているんじゃない、永太が起こしているんだ!!(古っ)

 夕暮れの散歩。せかす永太とマイペース奏太朗。突然立ち止まり、何かを訴える奏太朗。見ると後足に新鮮なくっつき虫(服や犬にくっついてくる雑草の種子の総称)が。しかも枝付き。折れて落ちていた枝がついてしまったのでしょう。枝付きで嬉しいのは枝豆だけ。こんなものはぽいっだ、と笑顔でとって差し上げる。まだついたばかりだったのか、奏太朗の足に種子が残ることもなく外せました。まだ緑色だけどしっかりくっつくものなのね、自然てスバラシイと見ていたら、そこへ永太がダイブ!

 無事、このような芸術的なお姿になられました(泣)。

 彼的には、飼い主が座り込んで兄ちゃんと何かしている→手になんか持ってる→きっとおやつ→ぼくもいる!という流れだったのではないかと予想。左側の口元にもくっつき虫がたっぷりついていましたから。

 あんたって子は。毛玉できやすい、柔らかい癖っ毛の子が。くっつき虫取るの大変そうな子が。あああ。

 私の辞書の中で、「秋」の項目にまた一つ新しい自然の恵みが刻まれました。アリガトウゴザイマス。くっつき虫しげる秋。皆様も良い散歩ライフをお楽しみください。

 

絶賛トレーニング

※本日のブログは大変長くなります。

 永太のトイレトレーニングを本格的にはじめて、はや二週間。成果はまあ、遅々としております。

 正直、トイレトレーニングを舐めきっていたわけですよ、私は。なんせ、奏太朗さんは、失敗したの一日だけでしたから。(我が家初日でトイレの場所がわからず&グリーンのフサフサ絨毯が草原のように思えていたしかたなくといったところか)。二日目からは、お互いのトイレの趣味がわかり、足上げokのトイレ設置やトイレシートの変更(それまで消臭重視の青を使っていましたが、奏太朗さんのお好みは清潔感あふれる純白であることが判明)など、紆余曲折はありつつもパーフェクトな日々を過ごしていたわけです。

 そして、満を持して永太さんの登場です。トイレの場所を教え、洗面所にも仮設トイレを設置し、時には一緒に長期滞在も厭わず。兄ちゃんであるところの奏太朗も非常に協力的で、弟の目の前で優等生なトイレの使い方を毎日披露してくれます。バックアップ体制は十分。あとはお前の頑張り次第だよ永太!と一ヶ月ほど頑張ってみましたが、うまくいきませんでした。惨敗です。がっくり。

 敗因はまあ、いろいろありますが、大きくはこの二つ。

問題1

永太の今までの生活パターンがわからない。

 我が家に来てからは朝晩二回のお散歩というパターンができましたが、我が家に来る前(以前の飼い主の育てかた)がわからない。「トイレはしたい時にしたい場所でする」主義の犬に育っていた模様。この主義を変えていただかなくてはならないという大仕事が待っていたわけです。

問題2

怒られるということの意味がわからない。

 声をかけられる。褒められる。こういうことが嬉しいと感じられる、まっすぐな心根を持った良い子なのです。そしてそれと変わらないくらい怒られても嬉しい。何があっても、好きな人がこっちを向いててくれるだけでたまらなく嬉しい。きっと今まで怒られたり、怖い思いをしたことがないんだろうな。それは彼にとって幸せなことだったと思うけれど、このままじゃいかん。世の中にはダメなこともたくさんあるのだよ。

 

 こういうことが、保護犬のムツカシサてやつなのでしょうか。むむむ。でも負けません。これがあるから嬉しさ愛しさもひとしおなのです。

 

改善1

トイレをサークル内に設置し、朝ごはん後はそこへ誘導。

 これを2週間ほど行って来たわけです。もちろん奏太朗 のトイレデモンストレーション付き。トイレ使えたら外に出られるよ、と身をもって教えてくれる兄ちゃん。もちろん永太もトイレが使えれば外に出られます。

 

改善2

トイレ使用後はオーバーアクションで絶賛&おやつ(&散歩)

 怒られても嬉しいなら、褒められてもっともっと嬉しい!になっていただきましょう作戦を実行中な訳です。飼い主たるもの、恥ずかしがってはいけません。できた子には恥もてらいもなく大絶賛します。そして、二人とも報酬を差し上げます。

 

 初めは怪訝そうだった永太。次第に閉じ込められ、ひとりぼっちにされることが嫌だと思うようになって来たようです。夕方までトイレを我慢されるとこちらも根負けして「ワンパク万歳、おばか上等、トイレなんか使えなくても幸せにいきていけるさ」なんて無鉄砲なことも思ってくじけそうになる日々。それでも、なんとか、時間はかかるけれどもトイレを使うようになり(でも偶然かもね)、本日、トイレ誘導後すぐに使うことができました!!

 めでたい、めでたいよ!!もうお赤飯炊いちゃおうかしら。(いや、今夜はカレーです)奇跡じゃないよね。明日もできるよね、永太?

 またひとつ、家庭犬の階段を登った永太。ありがとう。大好きだよ。これからも、あなた(兄ちゃんも)のこと絶賛していくからね。もっと喜んでもらえるよう、絶賛のバリエーション増やすし練習も怠らないからね。あなたはトイレのトレーニング。私は良い飼い主となるトレーニング、二人三脚?いや、足はもっとあるな、とにかく一緒に頑張っていきましょう。