てへぺろ系男子sとたまの日々

ゆる系男子達(犬)とたまのなんてことないライフログ

a piece of cake!?

 どうも、本日「宇宙兄弟」の最新刊をやっと手に入れたたまです。

 アニメで出会い、漫画本を買い集めた作品はこれくらいでしょうか。特に最初の方は大人の冒険物語みたいで、いちいちセリフも含蓄のあるものが多くて、涙したシーンも多かったものです。中古屋巡りをして既刊本を集め、食い入るように読んでいました。今はもうそこまで私も熱くなったりはしないのですが、さりとて途中で物語を捨てることもできず。ゆったりとお付き合いをしていこうと考えている所存です。

 

 さて、日曜日から訓練を始めた永太のリーダーウォークも本日で3回目。走るの大好きな彼ですが、ちょっと理解してきたようです。人も犬もいない堤防道という環境なら、8割ほどついて歩けるようになってきました。それでも遠くに犬を見つけたら、テンション上がって吠える&ダッシュ

 いいんです。そんな簡単に何もかもが良くなるなんて甘い期待はしていません。トイレだって、覚えるまでは大変でした。我慢比べで心折れそうにもなりました。でも、一度理解してしまえばきちんとできる子なのも実証済み。今回も納得するまで付き合いますよ、永太くん。

 ところで賢明なみなさんにはもうばれてしまっているでしょう。本日は木曜日。訓練を始めたのは日曜日ですから、すでに5日も経っているというのに練習は3回目とはこれいかに?

 永太と奏太朗、それぞれソロさんぽすると合計で1時間半から2時間はかかります。それを1日2回行うと3〜4時間かかるわけです。ところが1日は24時間しかないので、私の1日のうち1/8〜1/6は散歩に費やされるという計算になってしまうのです。これはね、大変。いくら私が暇人だからってけっこう大変です。

 考えてもみてください。1/6っていったら、日本最大の湖「琵琶湖」が滋賀県に占める面積と同じくらいですよ。大きいでしょう。みんな滋賀県のこと「ほとんど琵琶湖」って思ってるでしょう(滋賀県のみなさんごめんなさい)。

 私だって、ご飯食べたり寝たり洗濯掃除したりして生きているんで、これだけ毎日時間を費やすのはちょっとしんどい。ということで、できるときだけこつこつと。

 なんて言いつつ、奏太朗とのソロんぽはほんわかした気持ちになれるし、永太とのソロんぽは超早足でいい運動になる。1/8だとか1/6だとかって思うとしんどいけど、1日をホールケーキに例えて、1切れぶんだと思えばなんてことない気にもなってくる。なんなら2切れだって食べられちゃう気がする。

 おいしいものは別腹で、愛しい時間はプライスレス。なんだ、たいしたことないじゃん。さっ、明日からもがんばっていこー。

eセンサー

 どうも、たまです。

 突然母が「テレビでやっていた生いちごクッキーのレシピが知りたい」とおっしゃるので、情報の海をちょいっとサーフィン。チラシの裏に大きめの文字で書いて差し上げました。で、そのお礼に私の口に入ったのがこれです。

 クッキー生地に生のイチゴを練りこんで、スプーンで丸めてオーブンで焼く。焼き上がりはさくさくというよりしっとりほろほろ食感。イチゴは甘酸っぱさが濃縮して美味しいけれど、これがクッキーかと言われると、私的には微妙。でもスイーツとしては十分においしかったです。おかん、ごちそうさま。

 

 さて、この日は雨だったので犬のみなさんと車でお出かけしてみました。てへぺろ君たちは車酔いもしないので、(気温や天気、行き先など)状況が許せば一緒にドライブできます。最近は出かけようと準備していると、一緒に行きたいとアピールしてくる。しかも結構必死の形相で。出かけた先で特にいいことはないとおもうんだけどなあ。

 たいていはまあ、日用品の買い出しなので、犬のみなさんは車の中で待機。ゆっくりやすんでいてくれたまえ、と思うのですがこの方はそうもいかないようで。

 永太さん、助手席窓から外を監視中。飼い主が動けばその方向へ移動しやっぱり監視。ハンドルに手をついてフロントから監視。後部座席の上からももちろん監視。車内を縦横無尽に移動しとにかく監視。

 たぶん、飼い主がいない間は車内で寝られていないんじゃないかな、と帰宅後の熟睡っぷりから想像。とにかくどのタイミングでどの方角から車に戻っても、尻尾を振りながら窓にはりついております。ゴクロウナコッテ。

 ちなみに奏太朗は、車内休憩派。お好みの場所でまったりしておられます。同じごはんを食べ、同じように眠っていても2ひきはやっぱりいろいろ違う。おもしろいなあ、キミたち。

それぞれの試練

 どうも、たまです。

 週末金曜日、夫さんに誘ってもらって、ドームで野球を見てきました。5階席から見下ろすグランドは、人工芝と土のコントラストがとても鮮やか。選手やユニホームもぱきっと映えてとっても気持ちいい。基本的なルールもおぼつかない私ですが、すぐ前に座ったホームファンの愛ある応援と、すぐ後ろのアウェイファンの少年の冷静かつ的確な応援が自然に聞こえてきて、とてもいごこちよく楽しく過ごせました。(オマエはビールさえ与えておけばご機嫌なんだろ、というツッコミはなしでお願いします)。やっぱり「ライブ」って最高、自分の目で見て耳で聞いて空気感ごと味わうってファンタスティック!

  

 さて、本日の話題は永太の引っ張りクセ。そりゃあもう、ぐいぐい行きます。とはいっても小型犬、人間を引きずることはできません。それでも重心を低くして、全速力で走ります(進まないけど彼の足は走っている)。

 これはいくない。絶対いくない。そろそろ落ち着いて散歩できるようになってほしい。あと、おとなしく犬や人とすれ違えるようになってほしい。そして普通に挨拶できるようになってほしい(切実)。ということで本日はリーダーウォークの練習をはじめました。

 リードは短く持って、永太が引っ張ったら方向チェンジ。はじめは3mも進めない。おなじところを行ったり来たり。少しわかってきて順調に歩けるようになっても、テンシ

ョンあがると振り出しに戻る。でもまあ、なんとなくわかったみたいなので1日目としてはヨシとしましょう。うまく付いて歩けてる時は、声をかけるとアイコンタクトの成功率は100%。これはリーダーウォーク完璧の奏太朗にもできないことなのです。よしよし。おやつありで、外での「オスワリ」と「マテ」もなんとかクリア。こちらも練習をしてもっと集中できるようになってほしいものです。

 1日目としてはこんなところかと思うのですが、この訓練には私と奏太朗にとっても試練であります。だって、この訓練は1対1じゃないと無理。ということはソロ散歩をしなきゃいけない。「いつも一緒に行くのに今日は永太だけズルイ」という奏太朗の視線に耐えなければいけない私。置いていかれて理不尽という試練を抱く奏太朗。そして、散歩の時間が倍になるという私へのさらなる試練。試練の輪廻に絡まれる私たちに、早く明るい未来が訪れますように。

 

barberたま、開店しました。

 どうも、スニーカーに5本指ソックス派のたまです。

 昨日所用があり、仕方なく堅い靴を履いて出かけたら案の定脚先が痛い。踵フラット、つま先も尖ってない靴を選んでいるのに痛い。お値段の張る良い靴を履けばもうちっとましなのかもしれない。でも、好きじゃないものにお金をかけるのはなんか勿体無い気がして、手も足も出せません。

 

 さて、ここ数日見て見ぬ振りをしてきた、永太さんの毛問題。お腹の柔らかい毛を舐めてダンゴにしてしまったらしい。で、舐めると引っかかる→気になるから舐めるのループ。さっぱりしてしまいましょう。ついでに目に毛が入らないよう周りも切るぞ、ということで「理髪店たま」開店します。

 そういえば奏太朗がうちに来る前、チワワの飼い方みたいな本を読んでちょっと勉強したんだけど、チワワって「ヒゲ」はカットするって書いたあった(好みで、しなくてもいいとも書いてあった)。奏太朗、どうする?ついでに切ってあげようか?

 断る。やだ。切んね。

 奏太朗からは予想通りの回答をいただきました。では、永太のみ。覚悟せよ。えい。

 ひっくり返して、お腹の柔毛を短くカット。お肌は切らぬよう細心の注意をして。こら、お腹隠さない。そうそう。足もびよーんと伸ばしておいて。はい、次はお顔ね。なんてしばらく格闘していると、眠たくなってきた永太。無抵抗になる。

 無念じゃ。

 おじいちゃんか!

 どういう表情してんの。結構ひどいよ。

 っていうか、ちょっとー。目の周りの毛を切ってるのに、そのまま寝るってどんだけ図太いのさ。細かいとこ気にしない犬だとは思っていたけれど、そこまでかい。んでもって、その5秒後。

 ・・・

 完落ちでございます。

 ただここで声を大にして言っておきたいのですが、これはあくまで眠っているだけなのです。怖くて気を失っているわけではないのです。そう見えない?いいえ、決してそのような!

 

起用を再考する

 連続ブログ更新記録が4日目になり、ネタ切れ中のたまです。

 ここはいっちょ、お手を拝借ということで、初めてのトライ!

 

今週のお題「カバンの中身」

 最近、サコッシュを買いまして、結構気に入っています。あの必要最低限以外何も入らない感じがすごくいい。

 私のようなズボラ人間は、一度カバンに放り込んだら(必要な時以外)二度と出したりしないのです。なので、無駄にポケットティッシュが3つも入っていたり、レシートがわさわさ出てくる。ヘアゴム(ショートだから使えないのに)やら、付箋やらカラビナやらいただきもののキーホルダーやらどんぐりやらもわんさか出て来る。そのくせ必要になりそうなもの、ボールペンやリップクリームなんかは出てこない。ついでに言うと、絶対入っているはずの交通系ICカードが消える。スマホも(よく)消える。そしてカバンの中身を全部取っ払うとひょっこりあらわれる。このくりかえし。

 なので、カバンの中身をダイエットするために、またリバウンドしないための荒療治として、サコッシュ生活はなかなか優れもの。試行錯誤しながらだけれど、徐々にカバンの中身も整いつつあります。では、具体的な中身。

□1軍登録選手(必ず入っているもの)

 財布

 鍵

 ハンカチ、テイッシュ

 犬用の水飲みコップ(シリコン製のたためるヤツ)

 日焼け止め

 リップクリーム

 ビニル袋(大きめ1、小3つくらい)

□2軍登録選手(必要に応じて入れ替え)

 眼鏡(美術館などに行く場合)、度付きサングラス(スポーツ観戦用)

 交通系ICカードなど

□登録抹消(今までいれていたけれど不要or代用可能でリストラしたもの)

 スマホのバッテリー、ケーブル類

 お買い物袋(ビニル袋大きめ1で代用)

□トレード希望(必要を見極めて購入したいもの)

 短くてスリムなボールペン

 ペットボトルを持ち運べるグッズ

 

 とまあ、こんなところでしょうか。もちろんこれ以外に、犬のみなさんが帯同する場合は散歩バック兼ドックスリングとリード、水、トイレットペーパーとウン袋は必須。その他水筒やタオル、カメラなど持ち物がある場合は別途トートバックを用意。こんな感じで運用していこうかと考えております。

 お出掛けがたのしいこれからのシーズン。なるべく軽めのバッグで、肩こりの自分をいたわってあげたい。それが今年の目標となりそう。成果は如何に。乞うご期待!

朝がきた!!

 タイトルとはうってかわって、昼食完食後のたまです。

 本日の昼食はフレンチトースト。卵と砂糖とほんの少しの塩。牛乳はなかったのでプレーンヨーグルトを入れたけど、ちゃんとおいしくできました。しかし、パンを浸したりと作るのは結構時間がかかるのに、食べるのはほんの一瞬。しゅわしゅわっと溶けるように完食。なんだか割りに合わない食べ物だなあ。

 

 さて、我が家のてへぺろ男子達と暮らしはじめてからしみじみと感心したこと。それは、「朝がきた=うれしい!!」という犬たちの反応。

 大人になってからの私には、朝が来るなんていうのは呪いのようなものでした。とくに一人暮らしをしていた頃は、一発勝負のデッドエンド目覚ましが鳴ったらゾンビのように起き上がって、朝食もそこそこ電車に飛び乗る。揺れる電車の中で本日の作業ノルマを反芻し、今後楽するためにやっておきたいことや上司の機嫌、同僚の進捗などを想像し、お願いできることや手伝ってあげられることを考える。そんなこんなでやっと人間らしくなっていく。1日をなんとか人間っぽく振る舞い、ヘトヘトになり、余裕があれば友人と飲みに行き、溶けるように眠る。その繰り返し。

 いまはまあ、そんなことはないんですが。でも、べつに特別うれしくもないんです、朝がきたって。特に冬なんかは、闇いし寒しい、できれば昼までお布団で暮らしていたい。

 けれど我が家のてへぺろ男子たちは違います。夫さんか私が起きれば、永太は喜んで飛び出してきます。尻尾ぶんぶんだけじゃ物足りないのかお尻まで振って、かぶりついてきます。奏太朗だって、尻尾を振り、興奮する馬のようにくるりくるりと回転しながら前足をぱたぱたさせ、満面の笑みで喜んでくれます。朝起きたというたったそれだけで、お祭りがはじまる勢いなのです。

 

 それを見て、なんかこう、すごく尊敬してしまったのです、この子たちを。「生きてるってうれしい!! ついでに飼い主たちも生きてて超うれしい!!」なんて言われた気分になって、こっちまでうれしくなってくるようで。なんか生の原点を手のひらにぽんと置かれたみたい。

 この子達に教わることが多いなあ。日々是精進だなあ。と改めて感じる毎日です。

 

永太考

 どうも、たまです。

 試行錯誤するこのブログ、少しサイドバーなどいじってみました。そして、あの「にほんブログ村」にも参加することに(いまさらとかは言わないで)。少し、『ブログ』っちゅうもんがわかってきました(いまさらって言わないお約束で)。

 もういいお年のおばちゃんなので、ネット界隈の新しいことはとんとわからず、聞くべき友人もいない。こうなったら自分で頑張るしかないのです! トライあるのみなのです! 必死ねって笑われてもかまわない、おばちゃんだってちょっとくらいは時代についていきたいのです!

 

 さて、ブログ村に登録するにあたって、カテゴリーを決めなければなりません。もうほぼ犬のことだけなので、まあ、「犬」でしょう。で、問題のサブカテゴリー。ひとつは当然奏太朗の「チワワ」。で、永太は?

 奏太朗も永太も元保護犬で、正確な犬種も誕生日もわからずじまい。私としては、別にブランドにこだわりなんてないし、健康でいてさえくれればそれでいいので普段はあまり気にならない。でもふと、カテゴリー登録しようと思って「あれ?そういえばなんだっけ?」とふと思った訳です。

 いまどき、遺伝子検査かなんかすれば、永太だってどんな祖先を持つかわかるのでしょう。でもそこまでする必要もない。ということで考えて見ましょう、永太について。

シャンプーおわりのびしょ濡れ永太。

 

わかっていること

・カラーリングは基本ヨーキー

・シングルコート

・体重は3キロ強

・下顎から胸にかけて白い毛

・手足および下半身はくるくる柔らか巻き毛

・たちぎみのたれ耳

・強靭な後ろ足でぴょんぴょん跳ねる

・走るの大好き

 ここから類推するに、ヨークシャ+なんかの犬種ということ。白い胸毛と垂れ耳はマルチーズorシーズー?くるくる巻き毛はトイプー? 耳の形は、、、シュナウザー?(ミニチュアシュナウザーへの憧れがダダ漏れ)。

 

 ミックス犬の写真検索をたのしむこと数十分。いろいろ考えましたが、結論は「わかりません」ということ。っていうか、なんだっていいや。永太は永太で十分。

 でもいろいろ可能性を考えるのは、ミステリーごっこみたいで楽しかった。もう少し年月が経って、また特徴がかわってきたらもう一度やってみようっと。