てへぺろ系男子sとたまの日々

ゆる系男子達(犬)とたまのなんてことないライフログ

ひねもすのたりのたりかな

 二匹との生活が少し落ち着いてきました。

 いまのところ本気の喧嘩もなく順調です。多頭飼いは初めてなので、じゃれているのか小競り合いなのか、最初は区別がつかず戸惑ったけれど、今は「これが男の子の遊びなのか」と見守っています。事故や怪我もなし。十分合格点です。ふと気づいたらふたり背中をくっつけて昼寝をしていたりして。めでたしめでたし。

 こんな暑い日は、のんびりするにかぎります。

 ふたりとも、よい夢を。

台風一過と夏の空

 昨夜の台風は強めの風を残しつつ、北の空へと旅立って行きました。我が家は特に被害もなし。はやめに帰ったおっとさんと、クラフトビールを飲みつつ手作り餃子を食べるという、まったり平和な時間を過ごすことができました。

 さて、本物の台風は去りましたが、先週から我が家には新しい「台風の目」みたいなヤツがやってきています。共同生活すること一週間と数日。本人はいたって穏やかで無邪気なのですが(そう、台風の目は風もなく青空だっていうじゃないですか)、その周りを奏太朗が台風さながらぎゃうぎゃういいながら走り回る。トライアル中2日間ほどは威嚇の嵐でしたが、翌日には手のひらを返したように遊ぼうと誘いまくるムラっ気の強い奏太朗。面食らう一同。我関せず自分の欲求に忠実な、ジャイアン気質の強い奏太朗のリサイタルがはじまると、もう観念するしかない。偏狭的に舐めまわされた耳は奏太朗のよだれで乾く暇もなし。そんな日々も数日経ち、奏太朗の「好意の台風」が勢力の強い熱帯低気圧程度に落ち着いたところで、正式に我が家の一員となっていただくべく譲渡の申し込みをしました。

 

 ヨーキーmix推定2歳。おっとりな甘えん坊、永太の誕生です。永太がきてからというもの、奏太朗もごはんをよく食べ、よく遊びます。私は永太を愛しく思うし、永太を大好きな奏太朗のことは、もう食べちゃいたくらいに大好きだよ。キミたち、すばらしい! 

 8月。青い空に入道雲。熱々のアスファルトを避けて夕暮れの散歩。暑くて、出てしまう舌。続く風のない熱帯夜。それでも、今年の夏は今年だけ。思う存分、豪快に楽しんでおくれ。

 

グループはじめました

 冷やし中華はじめました。じゃなくって、グループはじめました。

 奏太朗も元保護犬。でもいまは我が家に欠かせない愛しい家族です。私の知らない奏太朗の時間があって、そこでいろんな経験をしたと思うとちょっと妬けるけど、いまは幸せそうにしてくれているし、これからも一緒にいろんなことを経験していくのだから、まあ私も幸せです。

 犬との出会い方って、いろいろあるんですね。恋だって、幼馴染とはじまることもあれば、合コンで落っこっちゃうこともある。みんな、ひとそれぞれ、いぬそれぞれ。恋に貴賎はないように、出会い方だって優劣はないんだなあって、あたりまえのことを改めて教わる日々。

 奏太朗は、私にいろいろなことを教えてくれる。

※うちへ来てまだ1週間のザビエル奏太朗。いまはハゲもすっかり隠れました(笑)

自分の居場所

 奏太朗がウチにきたばかりのころ。

 とても愛想が良くて、目が合えばとことこと駆けてきて、ちょんと両手をひざに乗せる姿に、私たちはメロメロでした。犬用のベッドとおもちゃをあげると、すぐに入って我が物顔で咥えて遊びはじめる。本当に手のかからない「いいこ」で、いたずらだってひとつもしなかった。謎にませた犬でした。誰にでも愛想が良く、しっぽを振って。でもふとした時、ひとりっきりで見せる「人間なんて何も信じてなんかいない」という顔が印象的な犬でした。

 そこから1年と3ヶ月。本人(本犬?)なりにもいろいろありつつ、ここまで仲良く暮らしてくることができました。人にも、家にも、車にも、散歩コースにも慣れてくれて、私たちは本当の家族として時間を共有できるようになっているのではないかと思うのです。もうあの「信じない」と決めたような顔をすることもなくなったような気がします。本当のことは本人にしかわからないのかもしれないけれど、私はそう信じている。

 奏太朗の居場所はここです。

 胸を張って、腹を出して、大胆に寝てもいいんです。

 たとえそれが、「私」の誕生日プレゼントとしてもらったクッションの上だとしても。

洗濯と選択肢

 仕事を言い訳に棚上げしていた掃除(棚の上とか、洗濯槽とか、奏太朗のおもちゃたちとかね)を、しぶしぶ取り掛かる。今日はこのあと、トイレのカバー類も洗濯して、しまいっぱなしの小さいテーブルも出して、きれいにしておかなくては。おっと、クーラの掃除もだ。明日は大事なお客さまがくるのです。

 どたばたと大掃除する私を不思議そうに見守る奏太朗。休憩中にすり寄ってきて甘えるのがかわいい。この子はあまりわがままも言わないし、いたずらもしない。賢い子です。なでなで、愛でめで。とろけ顏で一人っ子満喫中。奏太朗と過ごす2度目の夏のはじまりです。

 ということで、洗われたての清々しい奏太朗の写真で今日はおしまい。

 奏太朗、明日は午後から少し忙しくなるよ。だからこそいまは、ゆっくり十分に甘えてください。そして、明日迎えるこの選択肢は、きっとあなたをいまより幸せにしてくれるはずだよ。

 

 

not a perfect day? but...

 ビールを愛するものとしては、行っておきたいイベントが名古屋市内で開催されていたのではしごしてきました。

 まず一軒目は、こちら。

www.sapporobeer.jp

 日曜日ということもあり、結構長蛇の列。ただしひとり一杯しか飲めないようで(係りのお姉さんが2杯目は並びなおしてって言ってた気がする)、結構順調に列は進み、無事飲むことができました。カウンターでビールを注ぐところを見せてもらい、アロマを閉じ込める泡の秘密を伺って、いざ立ち飲み。泡がキメ細やかで美しい〜。口当たりの良い薄手の二重グラスもよいかんじ。味は、ザ・日本のビールという印象。扱っているお店が少ないのが難点なのですが、私は好きです、黒ラベル

 

 続きまして2軒目。

nagoya-oktober-fest.com

 私の大好き、屋外飲みですよ。ただこの日は、はんぱなく暑かった。直射日光のあたる腕がちりちりと痛む。頑張れ、自分と日焼け止め。

 飲んだビールは、アルピルスバッハーのフェストビール。

 オットさんはヴェルテンブルガーのバロックヘル。

 どちらもこのイベント用に醸造されたもののよう。限定に弱い名古屋人気質丸出しの二人。お互いに「自分の飲んだビールのほうがうまい」と自慢するしあわせな酔っ払いと化してました。

 

 地下鉄の一日乗車券を買って、ビールを飲んで歩く一日。何か得られるものがあるとか、かけがえのない時間とかではない、けれどまあまあの一日。そもそも「完璧」とか「最高」の一日を求めるほどの情熱は、もう若くない私に残っていないのかも。

 それでも、多くの人々が笑顔でビールを飲んでいるその光景を、私はとても美しいと思いました。

 

 そして最後に昨年のオクトーバーの写真でも。

※写真に本文は何の関係もありません。なあ、奏太朗。

謎多き犬

 

 奏太朗は謎が多い犬である。

 犬である、というところはまあ、獣医さんからもお墨付きをもらっているので疑うことはないのだけれど、それ以外は結構謎だ。

 まずは見た目。顔つきや体など、チワワのようでチワワでない。散歩時に大漁旗のように高々と掲げる尻尾の長い毛の使い道がわからない。二の腕に生えているエルビス感たっぷりのウェーブがかかった毛も、なんのためにあるのかわからない。そもそも、どんな季節に生まれたのか、実際は何歳なのか、どんな環境で育ったのかもわからない。

 行動も、謎が多い。玄関が苦手で近寄るには勇気を振り絞らないといけないとか、7月で暑いのにひなたぼっこをするとか、布団に潜るのが得意だとか。

 あと、奏太朗の顔に私の顔を近づけると、自発的にやさしく肉球の匂いを嗅がせてくれる。それはもう、やさしく嗅がせてくれるのだ。でもなんで?

 他にもたくさん謎はあるけれど、肉球の香ばしい匂いも含めて、私はみんな受け止めていくつもり。これからも謎は増えていくかもしれないし、いつかは理解に変わっていくかもしれない。そんな期待も込めつつ、ともに成長していきましょう。

 そんな、てへぺろ系男子とたまの日々。

 いまあなたは、しあわせですか?