てへぺろ系男子sとたまの日々

ゆる系男子達(犬)とたまのなんてことないライフログ

迫り来る

 とりあえず、観葉植物の室内取り込み第一弾が完了した、たまです。

 エバーフレッシュとフィカス類(ウンベラータ・バンビーノ・バーガンディ)全般(挿木から育てた子も多い)、今年もほとんど咲かなかったアンスリウム、一番寒さに弱いであろうセイロンライティアは無事に室内へ。

 さらに最低気温が10度くらいになったら、ミルクブッシュとソフォラも取り込む予定。

 悩ましいのは奇跡の大復活(昨年コガネムシの幼虫に根を食い荒らされて、葉っぱなしで初夏まで過ごしたが、夏に新芽を出した)をとげたジャボチカバ。室内に取り込むべきか、外に出しておくべきか。

 雨上がりの朝散歩で、いろいろ濡れたぼさぼさ永太。

 そろそろお散歩を夕方にシフトしたい気持ちもあるのですが、永太の輝く顔を見ると、ついつい朝散歩に出掛けてしまう。まあ、まだ寒くないしいいか。

 なーんて言っているうちに、11月がひたひたと迫ってきている。

 迫り来る、年末と寒い冬。時が過ぎるのは早いなあ。

 

↓ 日没が随分早くなって、その分晩御飯の要求もはやくなってきたてへぺろ兄弟に、本日も応援クリックをおねがいします。

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村