てへぺろ系男子sとたまの日々

ゆる系男子達(犬)とたまのなんてことないライフログ

100円均一で秋を先取り

 家にいると夏しか感じられませんが、世間にはもう秋が忍び寄っていますね。どうも、たまです。

 近くのショッピングモールはもう夏物バーゲンもとっくに終わり、服屋の奥にはダウンコートがちらちら見え隠れしていたりします。ああ、涼しくなるの、たすかるなあ、と素直に思ってみたり、でも寒いの苦手なのでまだ見ぬ冬のことを思ってちょっと暗い気持ちになったりします。

 

 さて、そうは言ってもやっぱり秋物のお洋服や小物を見るとちょっとわくわくしたりします。で、今年の秋の新作第一弾を発表しちゃいましょう。こちらです。

 100円で犬用品を買うならここ、ダイソーさんです。

 どうでしょう?秋冬ファッションぽくないですか? この色と、赤いのと、それぞれ一つずつお買い上げ。首輪の裏に油性マジックで私の電話番号を書いたら、さっそくてへぺろ兄弟に装着します。

 どうでしょう。なかなか似合うんじゃない、永太さん。

 奏太朗さんは、毛がもふもふなので、あまり首輪のバンダナ部分があまり見えません。でも、なかなかお似合いですよ。

 このシリーズ、私の家の近所では、このサイズのみの販売でした。奏太朗さんは一番小さくして、永太は一個だけ大きくして留めると、大人の指が3本入るくらいの余裕でつけられます。ご参考まで。もう少し大きい犬でもつけられるけど、首輪が細いのでやはり小型犬向けだと思います。

 まだ暑いのでお洋服などは着せていません。でも、ミシンも買ったし、この秋は(時間があったら)お洋服作ってあげるからね。それまではこの首輪で、秋ファッションを先取りしましょう。

 

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
ほかのチワワブログもみちゃう?→にほんブログ村

お盆疲れ

 お盆ということで、てへぺろくんたちを連れて、私の実家へ行ってきました。

 

 うちの家族は揃って動物大好き! ただ、身近な小型犬というとうちのてへぺろくんたちだけ、ということでかわいがられ放題をしてきました。

 かわるがわる名前を呼んでもらって、おやつをもらったりお手を披露したり、撫で回されたりと大忙し。特に妹の夫さんは小型犬がお好きなようで、ひさしぶりの再会にもかかわらず、奏太朗はべったり甘えておりました。

 そして、そんなこんなで夕方にはこんなかんじ。

 もうね、ビールを飲みすぎちゃったおっちゃんのようにのびていました。

 でも、おやつがもらえそうならまだまだ頑張ります。で、幸せを満喫したお二人の翌朝はと言いますと。

 一晩くらいでは回復できないようです。きみたち、はしゃぎすぎですよ。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
ほかのチワワブログもみちゃう?→にほんブログ村

ビュールレとコレクションあれこれ

 ハイビスカスをおかんにもらいまして、毎日水やりにいそしむ、たまです。

 ハイビスカスって、1日しか咲かないんですね。知らなかった〜。うちのマンションは、夏の間直射日光が室内へは差し込みません。それは涼しくていいのですが、植物を育てる環境としてはイマイチ。ということで、日中はベランダに出張しています。しかし!ハイビスカスは朝咲いて夜にはしぼんでしまう。つまり、お花を室内で鑑賞する暇はないというオチ。これ、本末転倒っていうんじゃない?

 しかも、南国イメージの強い花ですが、30℃以上の暑さには弱いんだそうで。でもよく考えてみれば、名古屋なんかより沖縄の最高気温のほうがずっと涼しい日々が続いています。お花が見られない私も不幸ですが、暑すぎて弱ってしまうなんて、我が家に来たハイビスカス君も結構不幸なのではないでしょうか。

 それでも、次々つぼみが育っていく姿を見るのは意外とたのしい。

 名古屋の暑さに負けずにがんばれ、ハイビスカス君。

 

 さて、少し前になりますが、名古屋市美術館へ行ってきました。

www.buehrle2018.jp

 会期初期の金曜夜間開館はおすすめです、という公式ツイッターを信じて、仕事を早めに切り上げて訪問。たしかに空いてた〜。かつて、こんなに見やすい展覧会があったでしょうか。いやない!

 ドイツ生まれのビュールレさんが、二度の大戦を経て実業家として成功し、印象派を中心としたヨーロッパ美術を集めたコレクションです。モネ・ゴッホセザンヌなど、近代美術で高名な画家の作品がぎゅぎゅっとつまった美術展です。看板のイレーヌ嬢もそりゃあ美人さんですが、展示中の「イレーヌ嬢」は、もっと繊細ですごい別嬪さんじゃった〜。

 コレクション展ということで、内容は多岐にわたるため、その他の感想は割愛します。ただ、こういった、収集家のコレクション展が今後も増えていくのかなという気がします。有名どころではアメリカの実業家プライスのコレクション展。江戸絵画の大コレクション展として、ものすごく人気の美術展でした。そもそも国立西洋美術館は、フランスから返還された松方コレクションを収蔵するためのものでしたね。そういう方々がいらっしゃって、われわれ庶民は美術を楽しむことができる。ありがたいありがたい。

 展覧会後は手羽先を食べに世界の山ちゃんへ。反省会も兼ねてさくっと飲んで、帰宅後はてへぺろくんたちと夜のお散歩を楽しみました。お留守番ありがとう。

 お詫びのおやつとなでなで、愛でめでをどうぞ。

 苦しゅうないって声が聞こえてきそうだ。その顔。

 うんうん。私のそばには、イレーヌ嬢にも負けず劣らぬもふもふ犬がいたのでした。かわいいよ、奏太朗・永太。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
ほかのチワワブログもみちゃう?→にほんブログ村